セブンプレミアム〈蒙古タンメン中本北極ブラック〉に自称辛いもの好きが挑戦!

「辛いものは好きですか?」

そう聞かれたら、「まあ、好きです」と答えてるオモナガです。

嫌いではないですからね!

お寿司にはワサビつけるし、豚汁にも七味かけますから。

ご飯食べてて「何か物足りないなぁ」と思う時は、だいたい辛味成分の追加で解決します。

そんな、辛いもの好き男がセブンイレブンで見つけた<蒙古タンメン中本 北極ブラック>。

なんとなく手にとって食べてみました。

激辛?
コンビニって万人受けするものしか置いてないでしょ?

じゃあ、たいしたことない。

ということで以下、食レポです。
現実をご覧ください。

蒙古タンメン中本北極ブラックとの対峙

やたら辛さを煽ってくるパッケージですね。いたるところに激辛注意的なメッセージがあります。

食えるものなら食ってみろ!と言わんばかりの店主であろう人の顔も挑戦心を煽ってきます。

逆に煽りすぎてハードル上げちゃってませんか?食べてみたら拍子抜けするパターンになりがちなやつですよ。

ということで、やってやります。

蒙古タンメン中本北極ブラック開封

ドス黒さがお分かりいただけるだろうか?
開けただけなのにスパイシーな香りが立ち込めます。

近くにいた子ども達もチャーハンを食べながら不思議な目でこっちを見ています。

パパは何をそんな真剣にカップラーメンと向かい合い写真を撮っているのかと。

お湯入れ5分

カップラーメンによくある「かやく」や「粉末スープ」的なものは入れる必要はなくお湯のみで完成します。

わが家にはウォーターサーバーがあるのでお湯を沸かす必要すらありません。

お湯入れ後、さらに増すスパイシーな匂い。

小学生の子ども達も異変に気づきはじめます。匂いを嗅がせてみたところ2.3歩後ろに下がりました。

子どもにはキツそうでしたが、大人の自分は許容範囲内。パッケージで上がりきったハードルを越えてくるような匂いではありません。

・・・そして待つこと5分
見た感じ悪魔的なカップラーメンの完成です。

箸あげ

食レポでよくある箸あげ。
撮影まで一人でやるのは至難の技でした。

ちょっと太めの麺、スープが絡みやすいようになっているように見えます。

スパイスたちが麺に絡みついてきているので、スープ飲まなきゃ大丈夫的な優しい感じではなさそうです。

蒙古タンメン中本北極ブラックいざ実食!

気合いをいれて口に放り込んでみます。

子どもの前ですからね、ビビってちょびちょび食べてもかっこ悪いので普通のラーメンを食べるようにズズズっといきます。

・・・ズズズッ

ん?

ズズ・・・ズズッ・・

ん?

美味っ!(うまっ)

太めの麺に絡むスープとちょうど良いスパイス。普通に美味しい!

完全に過剰パッケージで上げすぎたハードルの前ではこの程度の辛さでは話にならない。

むしろパッケージのせいで一般客が手に取らない分、売り上げ下がってるんじゃないかと心配になるレベル。

こんなに美味しいのにもったいない!

そんな思いで綴るこの記事。
パッケージにビビって食べるのをためらってしまう人に届いてくれると嬉しいのです。

北極ブラックは自称辛いもの好きでも美味しく食べれる程度の辛さなのでぜひ食べてみてください!

おしま・・・

致命的なミスが発覚!入れ忘れたオイル

2.3口食べたあたりで気づいたんですが、自分はとんでもないミスを犯していました。

中本特製焦がしにんにくオイルを入れ忘れていました。笑

上蓋についてたのを剥がし忘れてたんですねー。まだまだ美味くなる可能性がある中本特製焦がしにんにくオイルを残していたなんて、食べ終わる前に気づけてよかったです。

てことで投入!いただきます

異常をきたす体

ズズズッ・・・

一口目から感じる違和感。

痺れはじめる舌
ひりひりと痛む唇
頭から吹き出る異常な汗

室内は適温、暑くはない。
とにかく体がおかしい。

危険を察知し、そわそわしだす体。

とりあえず洗面所でうがいをして口元をぬぐってみるが痛みはおさまらない。

拭いても拭いても頭皮から出てくる滝汗。

口が水分を欲するので与えても、すぐに頭から出てきてしまう。

まったくもって効果なし!

変な行動をする父親を心配そうに見つめるチャーハンを食べ終わった子どもたち。

[chat face=”2F0566CE-1C75-4462-858B-46596EF81F3C.png” name=”オモナガ” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]こんなことで子どもを不安にさせるような父親じゃダメだ![/chat] その気持ちだけで食べ進めていく中本特製焦がしにんにくオイル入り北極ブラック。

死闘の末わかったこと

はっきり言っておく。
真の辛いもの好き以外は興味本位で食べるようなもんじゃない!

これは修羅場をくぐり抜けた真の辛いもの好きにだけ許されるラーメン。
遊び半分で食べるなんて失礼にもほどがある。

ただ、我慢しながらでも食べ進めると限界を超えた先にある旨味をじわじわと感じてしまいます。

最後の方は汗をダラダラ流しながらも箸が進む感覚に自分自身驚いてましたから。

激辛好きと言われる人たちはこの隠れた旨味にハマってしまっているんでしょうね。

その旨味を感じるまでに地獄の苦しみを耐えなきゃいけないんだがね

とにかくヤバいのは中本特製焦がしにんにくオイルです。
どうしても食べてみたい方はオイルの量を調整しながら食べてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です